読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66個の金魚の水槽

好きな音楽と映画と場所のことをダラっと書いています。

映画『夜は短し歩けよ乙女』黒髪の乙女がぶっちぎり可愛い。

春ですね。 春は恋の季節でしょうか。 いいえ、京都先斗町での恋は、一夜で四季を巡ってしまうのです。 生ぬるい春の風とともに、素っ頓狂でとびきりポップ&キュートなアニメーション映画を観た。 「夜は短し歩けよ乙女」 なにしろ最高でございました。 あら…

映画『Life』を観てティースプーン1杯程度の優しさを取り戻す。

「トールサイズのアイスカフェラテ一つ。」 カウンターごしの店員さんが聞く。「アイスとホットどちらにいたしますか?」 「(ん...?)アイスでお願いします。」 続けて店員さんが聞く。「サイズはどちらにされますか?」 (えええええ!!うそーーん!!) そ…

『たかが世界の終わり』愛が終わることに比べたら、たかが世界の終わりなんて

「たかが世界の終わり」観てきました。 ギャスパー・ウリエル様大変麗しゅうございました。 軽く結末に触れているのでご注意ください。 あらすじ 「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気作家のルイ。母のマルティーヌは息子の好きだ…

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ニュート・スキャマンダー愛がとまらない。

ハリーポッターシリーズの70年前、1920年代のNY。時代と舞台を新たにした魔法の世界新作映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」観て参った。 というか既に2回観た。 最高のファンタジー映画だった。 あらすじ 舞台は「ハリーポッター」シリーズ…

『世界一キライなあなたに』映画のクライマックスでエド・シーランを流すな。

「世界一キライなあなたに」観てきた。 エド・シーランの大盤振る舞い。 ちょっとネタバレ。 映画『世界一キライなあなたに』予告篇【HD】2016年10月1日公開 あらすじ 性格は前向きなだが、夢にチャレンジすることに躊躇し、仕事を転々としながら、なんとな…

もとRADWIMPSファンの『君の名は。』感想文。

世界を知って、色々なものを目にすると、瞳って濁っていってしまうんですって。昔観た景色は色褪せないけれど、それは気のせいなんかでなくて、本当に科学的にキラキラしていたのだと。どこかで聞いたことがある。 本当かどうかは知らないけれど。 騒つく木…

『リリーのすべて』壊れても愛の物語。

映画備忘録!! あらすじ 1930年代に世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を描く人間ドラマ。自分の内側に潜んでいた女性の存在に気付き苦悩する主人公と、変わっていく夫に困惑する妻の姿が描かれる。『博士と彼女のセオリ…

映画「同級生」が青春映画の大傑作だった

青春映画といえばゼッタイにスタンドバイミー。誰が何と言おうと。あの頃のリバーフェニックス並に強さと美しさと脆さを併せ持った美少年はいない。 そう思ってたら二次元にいました。 青春ってレモンイエローだったんですね。 あまりにもキラキラ初々しい映…