読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

66個の金魚の水槽

好きな音楽と映画と場所のことをダラっと書いています。

CDJ1516 BUMP OF CHICKEN

2015-12-31
 
  
f:id:moemxx:20160103091726j:image
 
最近はDI:GAに浮気したりもしていたけど、今年はCDJ
久しぶりのオウガもチェコも、はじめてのBRADIOも、よかったです。長くなるのでバンプだけ少し備忘録。ちょっと新曲の歌詞のネタバレあるかも。
 
 
 
2015年12月30日22:00丁度。Next Artist BUMP OF CHICKEN。怒号のような歓声。巨大なステージが超満員。私のような正真正銘バンプ目当てのファンだけじゃなくて、毎年恒例に来ている音楽ファンの方々、別アーティストのファンの方、きっとかつてのバンプファンも混ざってる。
 
The whoのA quick oneご流れ登場するメンバー。衣装はナポレオンジャケット。胸元に知らないマークがついてるなぁ、ダサいなぁと思ってたら新アルバムのジャケットでした。だ...いや、なんでもない!RAYよりいいと思います。
 
幕開けは予想通りのHello,world!
遊ぼうぜ幕張!と声を上げる藤原さんに、待ってましたと応えるように、ハローどうも僕はここの合唱。曲が終わると早々とMC。
 
直井:こんばんはバンプオブチキンです!
せっかくだから今日はいままで一番最高のライブにしようぜ!
この後は、いよいよ...おお?
おお??(紅白を匂わす感じで)
 
俺が話していてもしょうがないので、鮎川さん呼びましょうか。男子は野太い声で『あゆがいさーん』女子は『あゆがいさーん♡』で。
 
会場の呼び込みで鮎貝健さんが登場。メンバーへの2015年を振り返ってのインタビュー。そして紅白の映像がモニターに映る。MCもなく、ただソワソワ騒つくフロアと、じっと出番を待つバンプオブチキン...と、大画面に映る西野カナ
司会のいのっちからCDJステージへの振りでいよいよ我らがBUMPの時間。「藤原基央」と画面にテロップが映りながら話す姿はとても新鮮、新感覚。
 
「はーいこんばんはバンプオブチキンです。紅白出場は初めてですが、心を込めて精一杯演奏させていただきますので、よろしくおねがいします。」
 
紅白は、どんな大御所でも緊張すると。お茶の間の半分近くのひとが観ている。そんな中で今のBUMPの紛れも無い代表曲、rayの演奏。
緊張しているメンバーをみるとこっちも緊張する。それは、演奏間違ったりしないかな、という緊張ではなくて、この人たちの音楽ちゃんと届くのかな、って。気持ちよく演奏できてたらいいなって。
まぁとにかく現場にいる私たちにできることは楽しむこと。ここはこんなに楽しいんだぞ!と少しでもテレビの画面に伝わりますように。ただのファンの私たちが、彼らの勇気を彩る背景になれますように。
 
 
rayが終わると、MCは挟まずに虹を待つ人。1番を歌い終わると、間奏で「改めましてBUMP OF CHICKENです!幕張ありがとう!」と藤原さん。
 
たった今、ひとつの大役を終えたバンドからのありがとう。そしていつも「歌え幕張!」のところが、「踊れ幕張!」。フェスらしい。
 
静かにギターを爪弾いて、次の曲へ固唾を飲んで見守る会場。「そんなにシーンとしなくて大丈夫だよ笑」。
 
藤:君たちの今年最後の時間に、僕たちもちょっとだけお邪魔させてください。
 
イントロのアルペジオのであまりの大歓声で、藤原さんがふふっと一瞬笑ってスノースマイルバックに映る雪の結晶の映像とともに、4万3千人の冬のひと時。こんな年の瀬に、バンプスノースマイルを聴ける喜びったら。
 
終わったあと、隣のお兄さんが歌うめえ!って興奮していた。そうでしょう、そうでしょう。普段あまり意識しないけど、抜群に歌がうまい。スノースマイルの最後、ラララって静かに歌う。詩的な歌詞とかエモーショナルな演奏とかなくても、この人声はそれだけで音楽になるな。
 
あ、あとでDI:GAのユニゾンのセトリ聞いて、向こうは向こうでスノウリバースやってたの知って叫びながら倒れこんだのは内緒。
 
 
スノースマイルが終わると藤原さんが普段使わないアコギに持ち替え、あ、新曲くるなと。
 
藤:皆今日楽しんだの?一日中カッコいいバンド観てきたんでしょ?君らがそうやって、俺らが鳴らす音に反応を返してくれたり、「イェーイ!」とかしてくれることに、凄い力をもらってるんだ。これは、僕の個人的な気持ちだけど、俺らだけじゃなくて、ここに立つアーティスト、ミュージシャンの連中皆そうだと思う。すいません、僕ねイタい人なんです。いろんな感情がこう、溢れ出てきちゃうんです。
 
やっぱりテレビの向こう側っつう物理的な距離があると、ちゃんと伝わるかな、届くかなって不安なんだけどさ、君たちが「絶対届いてるぞ!」って返してくれるから、あ、大丈夫だ、って。僕たちはまたひとつ扉をあけることが出来ました。ごめんね僕イタい人なんです笑
 
もう無感量なんです。紅白、慣れないことしましたよ?慣れないことしましたよ?
僕も毎年紅白観てました。いつもこたつはいって、紅白観て、みかんとか超うめえし。そんな厳かな年末を過ごしてます。一回だけ僕らもカウントダウンライブっていうのをやったことがあって、あれは22?23歳?くらいですか。毛も生えてない頃。
増:毛は生えてたよ
藤:毛は生えてました。ボーボーです。
だけどこんな僕らなのでそれ以来、年末はゆっくりしよう、ってなって。もう15年くらい前ですか。
今日はかっこいいライブ観せてやろうと思ってきたけど、逆にかっこいいライブを観せられました。こんなに大勢の音楽ファンの人が集まって、こんなに幸せな年越しがあるなんて知りませんでした。それもこれもこんな年末の忙しいときに音楽のために集まってる君たちみたいな人のおかげです。気づくのが遅かったけど、またやりたいなって思います。
 
私事で申し訳ないんですが、来年アルバムが出ます。Butterfliesというアルバムで、その中からButterflyという曲を。分かりにくいですが、アルバムがButterfliesで、今から演る曲がButterflyです。
 
新曲、Butterfly。前情報としてあったのはEDM全開な曲ということ。あくまで虹を待つ人、rayとかの最近の曲の延長線上にある曲だな。サビはこの2曲ほどはインパクトはない。インパクトないというか、あそこまでポップで分かりやすくはない。だけど華やかなサウンド。大きくて柔らかい曲。
 
忘れてしまった歌のこと
忘れてしまった歌のうた
 
こんな歌詞がありました。
ちなみに上が1番で2番で"こと"が"うた"に変わった(はず)。ライブで初披露だとこういうのが楽しい。
 
藤:古の呪文を知っているだろうか。
オウイェイヘーイアハーンという呪文を。これ感情のパッションが爆発する言葉が大体全部詰まってます。オウとイェイとヘーイとアハーンね。まぁ4つだけだけど。練習しますか?
 
2回発生練習。
 
藤:今のは本当に今年1番の大きい声ですか?家の風呂場よりも大きい声出していいんだから!
 
最後にもう1回練習。
 
藤:それだーーーー!!!!
 
ラスト、天体観測
 
rayが今のバンプのアンセムとしてお茶の間に放たれ、EDM色の強い新曲の披露、バンプのあらゆる挑戦を目の当たりにした最後にどっしり構える天体観測。古ってのは言い過ぎだけど、10年以上、あまりにも愛された名曲に、安心感と頼もしさを感じる。
それと同時に、やっぱりrayのリリースでどこか肩の荷が下りた天体観測は、なんだかちょっと地に足がついた軽やかさ。つまり楽しい、好き。
個人的には今年2015年は夏フェスは行けずに天体観測聴けていなかったので、滑り込みオウイェイヘーイアハーン。
 
直:みんなありがとう!
俺が会いたいから、皆よかったらまた遊びに来てね!この後は10-FEETで騒ごうぜ!
 
増:皆ありがとう!良いお年を!
 
藤:
年末にわざわざ音楽聴きにきている皆が俺は好きだ!今日オウイェイヘーイアハーンを叫んだ君たち全員大吉だ!あ、でもおみくじ引いたら更新されるからね。
 
あと、今汗とかかいてね、外に出ると寒いと思います。「冬が寒くて本当によかった」とかね、言ってる場合じゃないです。風邪ひかないようにね。冬が寒くて、ただ寒いだけなんです。
次は10-FEETです。凄いカッコいいライブしてくれるからさ、最後まで楽しんでいってね。
 
 
終わったのは22:59。持ち時間を大幅に押していた。それでも演奏は6曲。紅白の時間合わせとMCで削られて、あと1、2曲出来たんじゃないかとは思うけど、それは2月のワンマンにとっておこう。
 
史上初、歴史的瞬間に立ち会ったらしい。正直に言うと、色々なことに挑戦する彼らを手放しで応援してるわけではないし、史上初に興味はないけど、彼らが新しいステージに挑戦するのなら、私はそれを目撃し続けたい。
 
紅白出場おめでとう。今年も飛躍の年に。
2016年あけましておめでとうございます!
 
f:id:moemxx:20160102142208j:image